club marusan

"自分になおる"ためにできること。

とあるセラピストのものがたり4

10258754_691021837669888_2473864348273287768_n

こんばんは
まるさんです。

今日はSさんが僕の経営する接骨院に初出勤しました。

Sさん
もう自分のブログには公表しているので
名前を公開します。

くにえださえみさん

岐阜県の片田舎から出てきて12年。
魂が震えるような仕事がしたい!
そんな思いで東京に出てきて
がむしゃらに働いて
そして出会ったのがアロマセラピー。

半年後には僕のサロンPAUSEで
セラピストデビューをすることを当面の目標に取り組んでいます。

さて
実は技術的なものは全く見ていなかったので
今日はカラダに触れてもらいました。

暖かな柔らかい手は
セラピストとしては申し分ない。

この手の感触というのは
なかなかすぐには作れません。

普段から触れるものや
触れることに丁寧でないと
こういう手にはなっていかない。

いくつかポイントになること
僕が感じたことをサラッと話し
僕だったらというものを少し体感してもらいました。

ゆるりと流れる時間の中
先輩の先生たちに色々と教わりながら過ごしてました。

実は今朝
久しぶりに僕は彼らに雷を落としたんです。

さえみさんが来る前に
仕事に対する認識の甘さ
仲間に対する考え

仕事には思いや意識が大事

僕は常々言っていることです。

でも今日はそれが適当だった。

朝からムードは最悪でした。

そこに僕がどこからか連れてきた女の子が来て
本当なら少しむかついていてもおかしくないところ
ちゃんと接してくれていたことには感謝です。

今年は機嫌よく毎日過ごす

そう決めていたのに。。。
あぁ、ついに怒ってしまったよ。

もしかしたら僕も少し力が入っていたのかもね。

実は僕は数年前から女性を雇うことをやめていました。

理由は
すっごい好きになられるか?
すっごい嫌いになられるか?

女性社員にはこういう極端なタイプが多かったから。
少し疲れてしまって男所帯で数年やってきました。

そろそろ女性を雇ったら?
これからは女性がいる職場の方がいいですよ。

そんなことを色々と助言されたりもしました。

正直言うと
女性を雇う自信がなかったんです。

だから少しやめていた。

それが今回はひょんなことから
ウチにおいでって言ってしまった。

何で言っちゃったんだろうな〜
なんて今でも少し思うんです。

でもね
育てるって決めたからには
出来るだけのことはやろうって思うのです。

空いた時間はいろんなことを話しました。

故郷のことや
好きな食べ物のこと

餃子は皮からつくるんです♪
皮を捏ねているとき世界で一番しあわせなんです。
それが太ももを揉みほぐしているときに同じような感覚で…

楽しそうに話す表情がいきいきしていて
時折、いたずらっぽい表情を見せて笑います。

朝からイライラモードも僕も
思わず笑顔になりますね。

好きなことの話にもなり

まるさんはなんでラブライブが好きなんですか?
そう聞かれて

あぁ、お話がすごくいいんだよ

そう答えると

どんなところが?

って聞くので

私、これやる!って決めて
その一途な思いで挑戦している姿に
周りのみんなが巻き込まれながら参加して
もう、応援せずにはいられなくなるんだよね。

ホノカチャンを見ていたら
あ、これが俺のやりたいことだって
すごくリンクしたんだ。

だからラブライブが好き。

そして今、
僕はさえみちゃんを育てることで
リアルなラブライブを体験できてる
それがとても嬉しくてやりがいを感じてるんだ。

そんな話もしちゃったよ笑

帰りの電車の中で

さっき渡したプリントはさ
既存の解剖や生理の本じゃ
なかなか頭の中でつながらないから
ものがたりのように解説できるものを
昨日の夜に思いつきでつくったんだ。

つづきも書いて渡していくから
ちゃんとよく読み込んでね。

そう伝えると

こういうのが嬉しいです♪

そう言ってまたニッコリ笑ってました。

この一週間
僕は彼女に教えることを考えてました。

専門知識、技術、実践

この3つをこの半年でプロのレベルにするためには
何を教えるべきなのか?

この中で一番悩むのが
専門知識です。

まったくの素人さんに
カラダの専門知識を身に着くレベルで教えるには
名前や場所を覚えるようなことをしてもダメです。

体感覚的に落とし込めないと
単なる暗記で終わってしまいます。

そうならないように
僕はものがたりのように書くことにしました。

順を追って覚えらえるように
この先が楽しみだと思えるように
この教材をつくりあげていこうと思います。

僕はさえみさんを教える中で
今まで埃をかぶっていた自分の引き出しを開けて
ずっと伝えたかったことを伝えられる喜びを感じています。

長い人生の中で
やるべきことを全部やる
そのくらいガムシャラな一年があってもいいんじゃないかな?

そう思うんです。

癒しの仕事をする人は
ゆっくり、自分のペースで
みたいなのを大事にする人が多い氣がします。

「好きなことだけやって、それだけでなんとかなるんだったら、そうしたいわよ!」
エリーチカも言ってたけどさ

本当に好きなことでなんとかなる奴は、好きのレベルが半端ないんだよね。

楽をするために好きなことをやっているようじゃ
僕はなんともならないって思います。

教えることが好きじゃない僕が
人を教えられるようになるには
人よりも教えるってことをたくさんたくさん考えないとね。

*********************************つづく⭐︎

© 2017 Shouichi Maruyama . All Rights Reserved.