club marusan

"自分になおる"ためにできること。

PAUSEという場所

img_8033

こんにちは

まるさんです。

僕のサロン 吉祥寺PAUSE

ここは治療院ではなく

ただ自分のカラダとココロに向き合うための場所として

僕はこの場所を創りました。

img_8034

なぜ、治療院にしなかったのかというと

治療のために通うという目的では

カラダもココロも喜ばないと感じたからです。

カラダとココロが喜ばないことをしていても

痛みや苦しみが改善するために、持っている力は発揮できるのか?

そういう疑問が生まれました。

だからココに来る理由は

美しい空を眺め

心地よい時間を過ごし

ただただあなただけのために

僕の持てるスキルや経験を使い

非日常の中に身を委ねること。

そうであってほしいと思いました。

手技療法というものが治療の主役になることほど危険なものはない

あくまで補助的な役割を果たしながらも

その問題が解決するように支えとなることが果たしたい責任です。

姿勢が悪い

運動不足だ

食べ物が悪い

仕事のしすぎだ

トラウマだ

ブロックだ

たしかに原因はたくさんあるでしょう。

でも、これらを見直して

自ら改善できる人はとても少ないのではないでしょうか?

治療という立場に立つと

患者さんの生活を見直して、改善する提案をすることを求められます。

自己管理できないのであれば入院したり、湯治したりして

そういう環境に身を置く必要もあるでしょう。

でも、僕のような療術家にそこまでのことはできない。

なぜなら治すことはできないから。

あくまで手技療法は代替療法として一時的に痛みを和らげたりするのは対処でしかありません。

そもそも治るという現象は、何かひとつのことをすれば起こるわけではありません。

さまざまな関わりが整っていくことによって

治っていくのだと思います。

だからココロが望んでいないことをいくらしていても

治療は辛いものになってしまいます。

先生が指導、指示したことをできないと

それで自分を責め

本当はできる可能性まで潰してしまいかねない。

「治療」を標榜するなら

治らない、できない提案をした時点で

僕は術者に100%問題があると思っています。

これはそういう先生がダメというのではなく

僕自身のこだわりとしてね。

そうありたいと思っているだけ。

だからこそ

目の前の人がそこにあるハードルを越えられるように

そしてそれを越える勇氣を持てるように

自分がそういう関わりをすることですね。

その責任を僕自身が心地よく実行できる空間、施術、コミュニケーション

そういうことを総合したときにできたのがPAUSEという場所でした。

IMG_8058

治療にしても

運動にしても

食事にしても

結果がなかなか伴わないのは

そのアプローチが間違っている場合もあるとは思いますが

その多くは患者さん自身がまだ準備が整っていなかったり

まだその状況を受け入れられていなかったりして進まない。

そういう状況を僕はたくさん見てきました。

まずは土台づくりが必要だったりもします。

治療を開始できる土台が整っていないことを、術者も氣づいてなくて治療をはじめてしまうことは多々ある。

なぜなら施術することが仕事だと思っているから。

そこが自分の仕事、自分の価値だとすれば施術することが目的になります。

僕は施術は必要ならすればいい

そうでなければしなくてもいい

そんな風にも思っているから

ゲームして遊んだり

小芝居をしたり

笑わせたり

そんなことで一時間が終わってしまうこともある笑

自分のカラダとココロ

その調和が乱れるとき

心配事や悩みごとが増えるとき

カラダにとっては

どんな反応が出ているのか?

悲しみというのは思っているよりも深いし

怒りというのは思っているよりも熱いし

寂しさというのは思っているよりも怖い

カラダはそういう感情ひとつひとつを表現している。

また

人の考え、知識、経験というのは

自分を捻じ曲げ

相手を思い込み

正しさと常識で縛り上げていくたびに

カラダに痛みと苦しみを感じさせることもある。

勉強したり、学んだり、経験するというのは

何かを責めるためにあるわけではなく

それも自分が理解し、納得すればいいわけでね

苦しくなったら意味がないし

その考え自体が自分にとっては正しくない。

自分がいい感覚になれていないなら

自分を見つめ直しながら

治療すればいい。

こうした感情や思いも

うまく扱えるようになると

どんな感情も

どんな思いも

愛おしく感じられるようになるんです。

そうすれば

今ある問題もね

深刻にならなくて済む

誰も責めなくてよくなる

PAUSEというのは

自分を見失ったときに自分に立ち返る場所でありたい。

氣がつかないうちに乱れ、ほつれ、ゆがんだ関わりを結び直すことで

悩まなくて済むのではなく

成長したり、進歩したり

なんかこんなことがあって良かったわ笑

そうやって乗り越えたときに思えたらいい。

そこに僕があなたの人生の登場人物のエキストラとして

ちょい役で出れたら嬉しいなと思います。

***************
PAUSEは月・水のみ

完全予約制です。

080-4118-1674

予約フォームはこちら

池袋spinal tuning room 801は

こちらの予定表で確認してください。

☆今月はここにいます

名古屋施術会
3月はSOLD OUTです。

4月は13日木曜日
13:00~SOLD
14:00~
15:00~SOLD
16:00~

場所は伏見のカフェコスモス

ご予約はこちら
*************************

IMG_5959

© 2017 Shouichi Maruyama . All Rights Reserved.