club marusan

"自分になおる"ためにできること。

自分を好きにならないとうまいかないのですか?

10258754_691021837669888_2473864348273287768_n

自分を認めるとか
自分を好きになるとか

love-903163_640

なんだか抵抗がある人がいますよね?

カラダを診ていると
そういう言葉の波動で診ているとカラダがグッと力むので
あ〜この人はそういうの苦手なんだなぁと感じます。

メンタル系のことをやっていると
こういうのをブロックみたいに言ったりするのもあったりして
なんだかむずかゆい感じがしたりします。

先日もある患者さんに
自分のこと好きじゃないんだねって言うと
先生は自分のこと好きですか?と聞かれました。

僕はほぼ好きですw
まぁ確かに嫌いなところもありますが
そんなところもひっくるめて好きだと思います。

好きにならないとダメですかね?
と聞かれるなら
好きな方がいいですとは答えます。

それは自分が嫌いだから誰かに好かれることでしか認められないというのがちょいと違う気がするからです。

だったら自分でちゃんと好きと言えた方が面倒臭くないでしょ?

誰かに認めてもらわないとできないとか
誰かが褒めてくれたから好きとか

それはあくまで誰かが基準であって
自分はどうなんだって話になるわけです。

だから自分のことを好きと言えるに越したことがない
というだけです。

別に嫌いなら嫌いでもいい

ただね
嫌いなら嫌いでもいいと思います。

なぜなら嫌いだからうまくいかないわけではないから。

嫌いでもうまくいく人はうまくいく

ただ先にも書いたように
好きな方がスムーズだとは思います。

自分が嫌いだから一番貧乏くじを引く
自分が嫌いだから受け取れない

本当にそうなのか?と

いつも思います。

行動できないこと
思い通りにならないことは
自分が嫌いだからなのか?

たぶん、いや絶対に違うと思います。

自分を嫌いだったとしても
やると決意してやっていることの方がずっと素晴らしいし
成果は上がります。

好きとか嫌いとかは
成果とはあまり関係ありません。

というか
自分好き!ありのままで!とか言って
大してうまくいってない人
た〜〜〜くさんいます。

嫌いなことにも素直に

自分が嫌いな人には
好きだとか、好きになれとかは必要ありません。

嫌いだよね〜って波動で触っていればいい。
そのうちカラダは
ん?そこまでは言ってないよ!くらいに反応してきます。

そしたら
あ、そうだったねって
少しくらいいいとこあんだねって

するとふわっと緩んできます。

そんなことを繰り返しながら緩めていくと
そのうちどうでもよくなってきます。

どうでもいい

そういう感覚が治スイッチ!をオンにしてくれます。

誰から何と言われてもどうでもいい
他人のことはどうでもいい
自分を捉えている自分もどうでもいい

どうでもいいってなると
なんでもできるようになります。

だって失敗しても
ダメだしされても
怒られても

そのことに捉われなくなります。

大切なのは全部を肯定するなんてたいそうなことではなく
心の中に余白をみつけること

ちなみにカラダも余白が多い人の方が動きやすい。

見えてるものにこだわっている人の方が動けない。

いかに空間を広くもてるか?
それが人の器ってやつかもしれません。

好きとか嫌いとかそういう決めつけではなくてね。
そういうところもあるってくらいにしとけば無理がないかもね。

© 2017 Shouichi Maruyama . All Rights Reserved.