club marusan

"自分になおる"ためにできること。

痛みに耐えても美しくないですよ

IMG_0078

こんにちは
まるさんです。

今朝、起きたら
喉が痛くなってました。

そんな時は
耳の後ろから顎の後ろを刺激して
頭皮を爪で掻きます。

顎の緊張をゆるめて
唾液が出ると
喉の痛みがひいてました。

空気が乾燥して
唾液が乾いて
喉がカサカサになってたんでしょうね。

おやって早く氣づいて
早くカラダに触ってあげれば
ひどくならずに済みますよ。

TVの健康特集で
◯◯すると△△が良くなるって言うから
やったら痛くなった。。。

そんな話をよく聞きます。

たしかに良くなることもあるのですが
それでおかしくしてしまうなんてこともあって
その判断も難しいところです。

ただなんとなく
悪くなる人って
「痛み」を治そうとしている氣がするんですね。

痛くなくなることが「治る」だと思ってます。

もちろん
治れば痛くないのですが
痛みは感覚、痛んでいるのはカラダです。

だからね
カラダを治してあげないといけませんね。

カラダが痛い時は
どうしても痛みに意識が向きます。

なので
どうしたら痛くなくなるのか?
ばかり考えちゃう。

でも、そのとき
頭の中は痛みに焦点があっているから
痛くないという想定ができなくなります。

先日も
腰痛で来た患者さんが痛くてストレッチもできないと嘆いてました。

そこで僕と一緒に
伸びる感覚を気持ちいいなって思うところで伸ばしてみましょうか?

そう言ってやってみると
結構、できてます。
そして終わったら
あれ?痛くないなって言ってました。

痛いから痛いところを伸ばして
痛くても我慢して
痛みよ消えろ!

そう言っても
痛いことしか頭にないから
カラダは痛いことに反応しちゃいます。

人間は
痛みから逃げるように設計されているんです。
だから
痛みに耐えたり、立ち向かおうとするのは
ちょっと無理があります。

痛いときは氣持ちいいことが大事です。

痛みや課題から逃げていると
また再発するなんて考えはあまり必要ないと思います。

なぜなら
逃げたからってやらないわけじゃないから。

どうせならいい氣分でやりたいよねって
言ってるだけなんで。

僕もね
昨年末に
「痛いなぁ〜」って思う出来事があったのね。
珍しく精神的に凹みましたよ。
そしたらカラダもギュッってなっちゃった。

痛いって感じるのは
そこが弱みだったり
ダメなところだったり
苦手であることを
薄々自分でも感じてるんですよ。
そこを突かれるから
イテェ〜ってなるわけですよ。

だからまずは
そういうところを
少しずつ直してみる
そのときに痛みを感じるなら
それはちょっと違うんですよ。

そしたら
どんな表現をしたら氣分がいいのかを
もう少し考えたり、やってみたりしてみる。

自分の氣持ちいいところを探してみる
そうすれば痛くないやり方がみつかります。

それが自分に合う直し方ってやつ。

だからTVや本で
こうしたら治るよっていうのは

痛みを消そうとするんじゃなくて
氣持ちよくできるようにやってみる。

そうすればそれが習慣になるし
身につきやすくもなるし
何より痛む前より少しいい感じになってませんか?

それが「なおる」ってことに
つながっていくんじゃないかな?

根性や努力って
耐えることじゃなく
コツコツできることを
やり続けることだと思いますよ。

************************************
整体院、接骨院に通うことに疲れたら

こちらからご相談にのりますよ^^

© 2017 Shouichi Maruyama . All Rights Reserved.