ローザ

昨日は深夜まで僕の経営する会社のミーティングでした。

仕事とは?働くとは?プロとは?

僕は3年前に大きく方針を転換し
社員が自分自身を全力で生きる会社にすることにしました。

生きてるってどんな状態?

そんな問いをいつもかけながら
社員ひとりひとりに向き合っています。

そんな中で僕の大きな失敗談です。

なぜできない?

いら

僕はいつも社員たちにそう問いかけていました。

それはやろうとしていないこと挑戦しないことに腹立たしく感じたからもありますが
その能力がないなら得るための努力をしろ!
そういう意味の方が大きかったかと思います。

自分にできてなぜ彼らはできないのか?

それではできないことをできるようにするということばかりにフォーカスします。

能力ということと結果は=(イコール)なのだろうか?
たぶん違うと思います。

能力は発揮できる環境や相手への信頼などもありどんな時も発揮できる能力というのはなかなか難しいでしょう。

またできたという結果は能力に関係なくできることもあります。

能力がなくてもコツややり方、システムなどでできることはあります。

なのでなぜできない?という能力と結果を同時に問う投げかけは
非常に不毛な問いなんだということがわかりました。

問題解決はシステムや環境にある

よく上司や部下を無能と言って罵る人を見かけます。

気持ちは僕もよくわかります。

僕もこれでたくさん失敗しましたから。

それは問題解決をマンパワーに委ねていたからです。
僕自身も自分の能力で打開することばかりやってきたので
僕の能力は比較的高くなりました。
しかしそれは気の遠くなるくらいの経験と失敗の元に身に付いたもので決して効率的ではありませんでした。

僕たちのような業界は
師弟のような上下関係になりやすい業界です。
そのため、師匠を超える努力をするか?師匠についていく努力をするか?
そのどちらかになります。

師匠がお手本なので、師匠が白と言えば白、黒と言えば黒
そんな世界でもあります。

こんな中で能力が向上するかとか、能力を発揮するかとか
非常に難しいことでもありますが大抵、師匠になる人はやってこれた数少ない生き残りなので理解できなかったりします。
しかも、感覚を伝えようとしても感覚は伝えにくいものです。
伝えられないもどかしさが苛立ちになることもありました。

古典芸能や古武術の世界には型があります。
それはこの通りにするということではなく
その型を通じて哲学や考え方、受け継がれてきた形にならないものまでも感じて身に染み付かせていきます。
それは完成された教育システムとも言えます。

大切なのは能力に関係なく働けるシステムがあるかということです。

仮に新入社員が入社してもすぐにそのシステムに沿って動くことができるか?
これはとても大事なことです。

しかし、誤解してほしくないのがマニュアル化することではありません。

治療院は働くのも商品もサービスも人です。
人、個人の裁量、判断で働くわけです。
しかも心のこもった接し方が患者さんには求められています。

なので判断の基準を明確にすること
優先順位を明確にすること

その基準を院全体で共有することが大事になってきます。

問題はいかに明快で行動しやすいシステムを構築するか?
そこが僕の仕事でした。

個性はシステムの先にある
今の世の中は非常に個性を大事にしています。

しかし、個を重んじすぎると
全体で働くときに調和が保てなくなります。

ひとつの大きな価値観を共有しながらも
動機や生きがいなどをみつけ、
まずはシステムの判断基準を何百、何千と繰り返すことで
その判断基準を染み込ませるのです。

そこまでやってこそ
自分というものを出し始めたときに個性の輝きが感じられるんだと思います。

守破離

武術などを学ぶ際に守破離という考え方があります。

まずは師匠の教えを守り

次にその教えを破り

後にそこから離れる

という考え方です。

僕はこの教えの守の部分を全部真似することだと思っていました。
しかし、教えるという前には教える側に決まりごとがきちんと明確化されているものがなければなりません。
技や知識を教えることも大事ですが、それよりも判断基準や決まりごとを教えることが大事だと思います。

それを身に染み込ませてからその教えから一歩外の世界に足を踏み出してみる。
そうすると失敗をしても基本ができているわけですから足場までは踏み外さずにできるのです。

能力は査定できない。しかし行動は査定できる。

よって能力を評価、査定するのは困難です。
とても主観的になりやすく、評価と結果が同じにはならないからです。

その点、行動は基準さえあればきちんと査定できますね。
行動できるシステムと行動すると能力があがるシステム

この両輪が教育をするのには必要なんだと学ぶことができました。