club marusan

"自分になおる"ためにできること。

疲れている人の骨盤

IMG_9882

こんにちは

まるさんです。

接骨院や整体屋さんに来る目的のひとつに

疲れているから

筋肉をほぐしてもらう

骨格を整えてもらう

そんなことをすると良いんじゃないか?と思っている人は少なくありません。

接骨院や整体屋さんも

そんなあなたを手ぐすねひいて待っています笑

カラダが凝っていますやら

背骨がゆがんでますやら

骨盤がずれてますやら

言われて

やっぱりそうだよね〜

って納得するわけです。

表面的にはそれもまた真実ですから

大きく間違いじゃないですよ。

でも、それを直すために通うってなると

正直しんどくないかな?

まぁ、マッサージされて

カラダを伸ばしてもらって

氣持ちいい〜♪

なんて方にはいいと思います。

疲れたカラダをよく観ると

骨盤がだらしないんですよね。

本来、安定した骨盤は

恥骨と尾骨を結んだ線が地面に水平になるように意識できるといい。

でも、疲れた〜って言ってる人は

恥骨が下がって、尾骨は後ろに上がっています。

こうなるとね

お腹の空間が骨盤に納まらないから力が出なくなります。

骨盤って骨は

上から下にかかる重さを下から上へとはたらく力に変える場所なんですよ。

このエネルギーの変換装置がはたらきにくくなるわけです。

ね、なんとなく疲れそうでしょ?

エネルギーの変換装置がはたらきにくいんだよ。

うまく還元できないわけだから

自分で力を生まないとならないもんね。

じゃあ、こうなる原因ってなんだろう?

これはたぶんね

ひとつは

考えと動きが一致しないこと

もうひとつは

呼吸が浅いこと

このふたつじゃないかな?

考えと動きが一致しないとね

カラダは不安定になります。

特に考えてばかりで動けなくなると

不安になるでしょ?

そういう場合はね

足腰が弱くなる。

足元がむくんだり

腰痛になったり

お腹が冷えたり

頭がぼーっとしたり

肩が凝ったり

こんな症状も出やすい。

骨盤が安定していると頭はちゃんと背骨の上に載るから

考えるというよりは

考えが浮かぶようになるんです。

次に

呼吸が浅いことね。

疲れた人はカラダが休まらない

緊張感が高いから

休んでいても休めていない

深く呼吸ができるというのは

心も落ち着かせることができます。

骨盤が傾くと

胸郭(肋骨)も傾き、動きも悪くなります。

肺は胸郭がスムーズに動かないと自力で膨らむことはできないから

呼吸は浅くなるんです。

じゃあ、この骨盤をどうすれば安定させることができるのか?

そのひとつはね

姿勢を良くしようとか

骨盤の位置を意識してとか

そうすればするほど

難しいし、不安定になります。

僕がオススメするのは

つま先立ちとお尻の穴を軽くすぼめること

つま先でゆっくり立つ

踵を上げていくときに

呼吸を止めない

目線を高く

頭を上に上に

背骨が伸びるように

背伸びする

その呼吸と一緒に

吐くときに軽くお尻の穴を閉める

吸うときは軽くゆるめる

それを繰り返すだけ

毎日数回

これを繰り返すだけでも

カラダがゆるんで眠りやすくなるし

無理な力が入らないでいいよ。

意識が恥骨とおへその下にある感覚になれば

いい感じ♪

こうやってカラダのしくみを知って

自分で少しずつ使ってみると

人に頼りきりにならなくていいね。

PAUSEでは

こんなことをレクチャーしながら

カラダで遊びながら楽になってもらってる。

カラダを知って

カラダで感じて

疲れたカラダを使えるカラダにしていこうね。

**********************
PAUSEは月曜日と水曜日

骨盤を感じてみたい人はこちらから予約してね♪

サンシャイン通り接骨院

4月の勉強会は25日火曜日 21:00~

一般の方も参加できます。

お問い合わせはこちら

IMG_9880
お団子あげる♡

© 2017 Shouichi Maruyama . All Rights Reserved.