04

カラダの調子とココロの調子がリンクしてるとはよく聞く話です。
僕もそこはその通りだと思います。
しかし、何でもそのせいにしてしまうのもどうかと思います。
特に多いのが「~だからできない」という相談。
過去にこんな体験をしたからできない。
生い立ちがそうだからできない。
う~ん、きっと誰もがそうなんじゃないですかね?
もし仮にそうだとしても生きるということに変わりはないのではないでしょうか?
もちろん
PTSDなど暴力などによって過度なストレスを受けたことによって
精神的な状態が不安定になることはあります。
しかし、それが不幸であるかといえばそうではないと思います。
そのせいでやりたいことができないことが
きっとその人が病気を治したいという気持ちにさせていると思います。
そこで治療家さんやセラピストさんは
よってたかってこのトラウマを解消しようと躍起になります。
僕はここがおかしいんじゃないの?って思うポイントです。
患者さんが治りたがっているのだから
向き合って治すべきだ!って論法です。
向き合ったら治るんですかね?
何に向き合うんですかね?
僕はね
まず本人が治ったときをアリアリと臨場感をもって感じられてるか?
そこを観ていきます。
大抵はそうはならないでしょう。
だって長いあいだ痛みと一緒にいるのですから。
なくなるイメージを持つ方が難しいですよね?
だからね
治らないというイメージも同時に必要だと思います。
それならできると思うんです。
治らないイメージを持ったまま生きること
そこからはじめていきますね。
治らないから生きられない
そんな病気はありません。
生きられない病気はあっても
治らないと生きられないなんてことは
ないと思います。
だから治らなくても生きることが大事です。
そうしていく中で
生きているという実感が必要ですね。
生きるって感覚がなくなっていくのが
ココロの症状です。
だから無理に治す方向にシフトするよりも
生きる道を探すことが大事です。
その上で治るイメージが見えてきて
治ることがどうでもよくなるくらい
生きることに意識が向くことで
気づいたら治っているものなんじゃないでしょうか?