club marusan

"自分になおる"ためにできること。

本当の価値はあなたが与える感情

img_8036

こんにちは

まるさんです。

名古屋のおウチサロンサポートでね

「あなたの価値は何か?」

そんな問いをかけてみました。

この問いをそのまま考えると

整体屋とかだと

ソフトな施術とか、全身を診るとか

長持ちするとか、よく治るとか

そんな答えになりやすい。

でもね

これってみんなそう

「いや、私の方が上!」とか思うかもしれないけど

お客さまは正直わからないから

ここはあって当たり前であってね

本当の価値ではないと思うんだよね。

僕も実際

自分のスキルや経験、知識

そんなところを価値だと信じていたから

発信がどうしても

「俺はスゴい!」

みたくなっちゃってた…

でも、これはすごく不自然で

見る人が見れば

僕がどんなもんかなんてお見通しだっただろうな。

他人のサロンを手伝いながら

その人を最大限に活かすことを考えていたら

お客さまがその人と触れ合って得た感情があることがわかってきた。

僕がサポートしてる

ゆるぽかボディメイクの百合ちゃんはね

お客さまから

*自分のカラダが好きになる
*鏡を見るのが楽しくなる
*自分に自信が持てる

こんな声をいただいた。

これが本当の価値だなって思うんだよね。

だから

「あなたの価値は何ですか?」

という問いではなく

「お客さまはあなたに触れるとどんな感情を持ちますか?」

そんな問いをかけることが大事だった。

お客さまがそんな感情を得られるなら、そんな関わりやサービスがそこにはあるわけで、それこそあなただけのサービスなんじゃないかな?

あとは

「なぜ?お客さまはそんな感情になるのか?」

というところを詰めて考えて意識することや、よりその感情になるようなサービスや内容にすることが大事ですね。

百合ちゃんの良さは

否定しないし

待ってくれるし

ムリしないし

褒めてくれる

それは

自分が病氣を通じて得たカラダに対するぶれない信念があるし

美しくなるために、悔いない人生にするために、たくさん学んできた知識や方法があるし

それを通じてお客さまに変化を与えてきた実績もある。

だから

百合ちゃんにボディメイクをお願いすると

*自分のカラダが好きになる
*鏡を見るのが楽しくなる
*自分に自信が持てる

ようになる。

もちろんスタイルが良くなるから

こうなる。

逆に達成感や追い込みたい人は

なんだこれ?ってなるだろうね。

人は得たい感情のために行動する。

そこに

あなただけのサービスをつくるヒントがあるよ。

© 2017 Shouichi Maruyama . All Rights Reserved.