img_8034

こんにちは
まるさんです。

今月も名古屋で
ママさんのおウチサロンのサポートをしてきました。

「まるさん、高い料金のメニューを選んでもらうにはどうしたらいいの?」

そんな相談でした。

その人はね

集客のために名古屋で最安値でやってるの

ネイルサロンなんだけどね。

入り口として安い値段にする。

その中の何人かに本当の価値を感じてもらえたら、嬉しい。

この本当の価値

これを感じた人が、選びたくなるメニューがあれば

それを選んでくれます。

ってどんなコンサルタントも言うよね。

本当の価値ねぇ…なんだろな?

僕もだからよくそんなことを考えましたよ。

けどね

現実としてはなかなかうまくいかない。

だってさ

そのままだって手抜きしてるわけじゃないんだからさ。

十分、満足してるもんね。

だから、そんなことじゃないんだなって

経験を通じてわかった。

客単価=価値がわかる

これ間違いね。

たぶん。

実は価値があるのはね

“ついで”がある

とかさ

“プラスになる”

とかね

そんなときなの。

それがあればね

あとはあなたが薦めたら

お客さまはそっちを選んでくれます。

だから

考えるのは

ついでになることか
プラスになること

来たついでだから
今のサービスにプラスになるから

これね
嬉しいでしょ?

治療院だと

技術の高さや知識の量

ネイルサロンなら

デザインやセンス

これで客単価を上げようとしても上がらないよ。

上がっても2,000〜3,000円

まぁ、それでもすごいことだけどね。

ただ限界があるってこと。

そこにこだわるのは悪いことじゃないけどね。

こだわりすぎるとムリがあるからね。

理解されにくいサービスになっちゃうからさ。

お客さまのついでとプラス

ここを考えてみてね。