club marusan

"自分になおる"ためにできること。

俺は落ちこぼれと言われた奴らが好きだから

14

こんにちは

まるさんです。

やっと決算が終わって、今年度もなんとか生き延びたことでホッとしています。

しかし、弊社も弱小なので、年々加速する治療院の競争に戦々恐々とする毎日。。。

よく言われるんですよ

先生の下で学びたい!先生のようになりたい!
そんな人を集めてやったら?とか

もっとドライに売上や治療のコンテンツを売っていったら?

どれも、う~ん

しっくりこないんだよね。

世の中にはすごい治療家さんがい~~~~~~~っぱいいて
そんな人たちを前にしたら刺激にもなるけど、僕みたいな虫のようなハートの人間には、気持ちが打ち砕かれることの方が多い。

だからそんなスーパーテクニックを学びに来て!なんて氣分には到底なれないわけです。

僕のところで働くスタッフは、今まで100人を超えてるけれど、意識の高い人ほど続かない。

でも、今いる4人はもうみんな長くいてくれています。

うちのスタッフを見て、よく言われるのが

「みんないい人ですね~」

「先生のところで働かれている方はピュアですね~」

それが第一印象。

仕事をバリバリするタイプでもない、向上心が高いわけでもない。

言われたことはやるけど、自分から何かを進んでしようとはあまり思わない。

そんな彼らに僕は

「俺が成長するから、お前たちもがんばれ~~~~~!」って
やってた。

すると溝が深まる一方でした。

でも、それは彼らの可能性を信じているからなんだけどさ。

関わり方が間違っていたんだよね。

さえみさんの時もそう。

僕はまだまだすごい治療家ぶっていました。

治療家、療術家

そんな看板を掲げて接しているとどうしても自分の理想を求めてしまいます。

彼らの成長を考えたら、僕は教育を学ばないといけないと思い、教育者になる勉強を始めました。

そしたらやっぱりさ

能力の高い子に教えるよりも、落ちこぼれってくらいの子たちを教える方が楽しいんだよね。

伸び代を感じられた方がいい。

こういう子たちには、技術や知識だけ教えても伸びない。

もっとちゃんと見てあげないと、すぐにしおれちゃう…

そういう手間暇かけて育てるのが楽しいよね。

開業、開業ってみんな言うけどさ

独立、開業するのが幸せなわけじゃないよ。

みんなで力を合わせてやるのだっておもしろいよ。

なんせ、俺自身が落ちこぼれだからね。

何をやってもできない俺が、今や何でもできる人、みたく言われているんだからさ。

実際はな~~~~んにもできないのにね。

でもやっぱり、やりこんできたものは身に付いてるし、そこそこのものは持ってるよ。

だからね

俺はさ

すごい治療家じゃなくて、すごくいい治療家

それをたくさん育てたいんだよね。

© 2017 Shouichi Maruyama . All Rights Reserved.