club marusan

"自分になおる"ためにできること。

何を選べばいいですか?

IMG_4331

患者さんと話していると
何を食べ、何を着てくらせばいいのか、わからなくなってしまっている人がたくさんいます。

本当はどうしたいの?

僕はいつもそう問いかけます。

すると
「…わからない」
そう答えます。

大切なのは心地よいものを選ぶことだと思います。

でも、これがわからなくなっているのです。

なぜなら、自分は心地よいと感じていても
頭の中で
人からどう思われるだろう?
とか
本当にそうなのだろうか?
とか
ネットやテレビでよくないって言ってたし
とか
頭の中で考え始めるからです。

直観を信じて

6232b2e23314247b7e5db737463f4cfe

例えば
赤、青、黄の玉を目の前に置いて
0.2秒で選んでねって言えば
考えずに何かを手に取るでしょう。

それは考えたわけではなく
直観で選びましたよね?

そして
手にした後で
「なんでこれにしたんだろう?」と理由を頭で探します。

金額は度外視する

hp-07538-3

先日カメラを買いました。

店員さんに
「カメラのことな〜んにもわからないから僕に最高のカメラを勧めて頂戴!」
そう言いましたw

そしたら店員さん
「予算はどれくらいでお考えですか?」
と聞いてくるんです。

だから僕は
「お金のことは考えないでいいよ。僕に最高のカメラをお勧めしてくれれば」
と言うと

店員さんはすご〜く一生懸命探してくれて

最初、僕に勧めていたのは
10万円以上するデジカメだったのに

結局、購入したのは
最新のモデルのミラーレス一眼を6万円代でしかもレンズまでついて買うことができました。

金額なんて自分に見合ったところに落ち着くんですw

だったら最高のものに触れて、感じて
本当に欲しいものが何なのかしっくり来たら買えばいいんです。

もちろん買わないって選択肢もありです。

ときめく

futagozaa2013

ときめきはカラダが反応します。

よく鳥肌が立ったって言いますよね?

ときめく瞬間はゾクゾクすると思います。

そういうカラダの些細な反応に意識を向けることも大事。

ゴールのキモチを大切に

img38d6c836zik5zj

僕は旅行にいく時や新しい仕事に挑戦する時

成功や結果は度外視して

終わった時の感情や感覚をリアルに感じるまで
今の自分にとって最高の瞬間に感じるまで
瞑想と呼吸で意識します。

ゴールの感覚、感情は今の積み重ね
それならば
今ここの心地よさが一番自分が欲していることだと思いませんか?

あれ食べちゃダメ
これ塗っちゃダメ
これで洗っちゃダメ

そんなダメダメ生活して
何が楽しいのでしょうか?

そもそも
こういう感覚を大事にしていれば
たぶんそんなに食べたり、塗ったり、洗わなくても
十分だということがわかるはずです。

食事制限して
カロリー気にして
厳しい運動して痩せるのは
病気の人には必要な場合はあっても
普通の暮らしをしている人は必要ないと思います。

むしろそれが必要なくらい太っていることが
満たされていないことの表れでもあるし
それを満たすためにダイエットをしても
満足できずにリバウンドするのは目に見えています。

誤解しないでほしいのは
質素なくらしをしろと言っているわけではありません。

自分で必要なものを選べる感覚を身につけたいねと言っているのです。

© 2017 Shouichi Maruyama . All Rights Reserved.