club marusan

"自分になおる"ためにできること。

今日で6周年だった・・・

1897898_597402343698505_941857872762823518_n

僕がよく行く洋服屋さんが吉祥寺にあります。

何が好きって、服を売るってよりも
服という道具を売ってるという姿勢が好き。

店員さんも接客の仕方がおもしろいんです。

「こういうアウターを持ってるならこれはいりません!」

とかってはっきり言ってくれるし、どんな時にどんな用途で使うかも提案してくれます。

だから僕としてはとっても楽しくなっちゃう。

で、通ってしまうのです。

ここの店員さんと今日話していて

お仕事は何されているんですか?

と聞かれたので

整体屋だよ

って答えました。

するとやはり

ボキッとやるんですか?と言う

やりませんよって言ったら

???

接骨院や整体って行っても良くなったかわからないから、続かないんですよ~

って言うので

ですよね~

って答える。

そんなやりとりをしながら

僕のところはカフェみたいなもんです。

お茶飲んで、お話しして

あ、そういえば体も痛かったんだった!

じゃあ、施術しようか~

みたいなところですって話しました。

治療に通う

治るか治らないか

そんなことよりも

お楽しみの中で自分のカラダと向き合えたり、自分のカラダを愛でることができたり、そんな場所や時間って豊かだと思うんです。

PAUSEはそんな場所にしたいなぁって思ってます。

そしたら、今日で6周年だった!

医療人だ!治療家だ!って人からしたら
僕のサロンは趣味みたいなもんに見えるかもしれないけど。

だからこそね

おもしろい人でいたいなぁ

目指すはうまいコーヒーを淹れて、いい感じに語れるオヤジだね。

© 2017 Shouichi Maruyama . All Rights Reserved.