img_8030

こんにちは

まるさんです。

凝ってますね〜

硬いですね〜

血行が悪いですね〜

そう言ってはほぐされ

また来週来てくださいね〜

というこれも整体やマッサージでよく聞くフレーズ

筋肉のコリって一体なんなのでしょう?

本当に血行が悪くなっていることが原因なのでしょうか?

ほぐしてもまた来週通わないとならないのはどうしてでしょうか?

骨のゆがみを直すと、本当に筋肉のコリはなくなるのでしょうか?

など様々な疑問が出てきます。

そもそも筋肉のコリは筋の緊張と誤解されることがしばしばあります。

筋肉が収縮して動くには適度な緊張が必要です。

これを筋トーヌスと言います。

適度な緊張があるので、張力が発生し、筋の収縮が可能になります。

緊張しすぎても、弛みすぎてもいけません。

で、これをコントロールしている器官があります。

その器官はこの適度な緊張下では

安静時にはゆるみ

活動時には張る

という反応をします。

筋肉には筋腹と腱があって

よくみなさんが筋肉っていうのは筋腹のことです。

筋腹が収縮すると、腱は伸張します。

筋腹が伸張すれば、腱は収縮します。

しかし、同じ筋が一定の姿勢でいたりすると、このコントロール器官はセンサーが鈍くなってしまうんです。

「あぁ、この人はこれでいいんだ」

ってサボるんですね。

そうすると、弛むに弛めなくなります。

こうやって硬くなってしまったところがコリなんですね。

だからほぐしたって一時的にしか弛緩しません。

ポイントとしては筋には長さがあるってこと。

この長さが短い状態がつづくと筋は硬くなります。

血流の問題ではないんです。

じゃあ、長さを保つにはどうすればいいのか?

筋は骨と骨をつないで収縮することで関節を動かします。

ということは骨と骨の距離も短くなって、関節の運動にも影響が出るはずです。

例えば脊柱で言うと

腰を反る動きをしたときに腰痛の人は腰が痛んだり、怖かったりします。

これは筋の硬結によって椎骨の距離感が狭くなります。

さらに、筋には意識を向けると筋の緊張を生み出しやすくなる作用

γループという現象があるために

ネガティブな意識を持つことで、より硬く、怖い印象になるのです。

このとき、腰椎周りの筋肉をほぐしても筋の硬結はその場だけしか弛まないし、逆に腰の安定を欠いて腰痛を助長しかねません。

腰部の筋が姿勢維持のために働いている結果としてあるコリであれば、無闇にほぐすことで筋を傷つけ弛緩しすぎてしまうこともあるからです。

こんな場合は、頚椎や頭蓋、顎の運動また、踵の安定や腹腔の拡張などができると呼吸をしているうちに、椎骨間にゆとりが生じます。
#呼吸の意識でも背骨は調う

体内に空間が広がるので、骨と骨に適切な距離ができるからです。

すると筋は適度な長さ、適度な緊張になるためにこの器官が作動しやすくなります。

簡単に言えば

脊柱の長さを保てるようになれば、筋はゆるみやすくなるし
カラダの中の空間を広く意識できれば、筋はゆるみやすくなります。

心理的にも
縮まっている
窮屈である
視野が狭い
闘っている
怖い
守りたい

このような状態になると脊柱は伸びなくなってしまいますね。

筋を自分でほぐしたり、ゆるめる時も
硬くなった筋をほぐすイメージではなく
骨と骨の隙間をつくるようなイメージだといいですね。

筋というのは勝手にゆるむものです。

だからコリがあるというのはこの器官の働きが鈍くなっているだけです。

それは筋の長さを保てないでいるから。

その状態で運動したら、怪我しますよね?

なので日頃からカラダの隙間をつくっていきたいものです。