club marusan

"自分になおる"ためにできること。

カラダを治す前に知っておいてほしい健康の基本

IMG_9890

こんにちは
まるさんです。

最近、周りの人のありがたさに助けられ
本当に泣けてきます。

僕の価値ってなんだろう?

そんな風に考えたときに

施術をする人はどうしても

技術力や知識
できること

そんなことを考えてしまいがちです。

でもね

僕は最近、いろんな人にこう言われて
なんだかすごく嬉しかった。

先生には会った人しかわからない

先生は優しくて、本氣で真剣で
でも、重くならないようにと
たのしく、おかしくしてくれながら
ちゃんと良くなる!大丈夫!だと

カラダとココロを同時に整えてくれる

そういう存在なんだと

そう言ってもらえて涙が止まらなくなりました。

人生の半分を人を良くさせていただく時間に費やしてきて

僕はどこか技術や知識、正義の証明を未だしようとしている。

治療院の業界は

純粋に治療のことだけ考えて生き残れるほど甘くなくなってきました。

ビジネス的な価値が重要な時代に変わってきました。

なぜなら

その方がわかりやすく
悩みのある人に届きやすく
そこに対価としてのお金を払いやすくするから

治療院専門のマーケティングやコンサルタントなんて
20年前はほとんど無かった。

いい治療
いい先生なら
口コミだけでたくさんの患者さんが集まりました。

でも、今はそれだけでは
選ばれない時代。

そんな時代だからこそ

僕は真摯に向き合う姿勢
患者さんと共に歩むスタイル

それを貫きたいと思っています。

*****************************
前置きが長くなりましたが

健康でありたい
カラダを良くしたい

そう言っている人たちは
様々な健康グッズや治療法を試し
サプリメントを取り、石やお守りを身につけ…

良くなったか、なっていないかもよくわからずにいます。

その一方で本当にそういう物や施術で
今までにないくらい改善された人もたくさんいます。

これって適切なことをしたかどうか

ということに尽きるなぁと思うのです。

今日はこの適切な判断をどのようにしていけばいいのか?

その基本的な考え方について話してみます。

カラダの問題は原因追求からはじまる

カラダの問題というのは

【1】はっきりとした原因がある

【2】はっきりとした原因がない

まずはここが大事だと思っています。

はっきりとした原因というのは

事故や怪我など突発的に起こったものは
はっきりしています。

急性的な運動器の問題はほぼこれで特定できます。

また

日常生活や習慣で負担が多い、または使わなすぎる

そういうことも原因のひとつになるでしょう。

こういう場合は

骨や筋肉になんらかの兆候が見られるため

検査をすれば確定できることです。

しかし、ほとんどの症状は

原因を特定できないものです。

どうしてカラダは歪むのか?

これもこのブログで今までたくさん書いてきましたが

カラダの歪みは

カイロプラクティックなどでは

骨の歪みを原因→症状を結果

このように捉えます。

だから骨が歪んでいることが治療するポイントであり

骨が歪む原因に対してはまた別次元のこととして

生活指導や運動指導で補うことが多いです。

僕は20年以上、カイロプラクティックをベースに施術をしてきて

骨の歪みだけをいくら整えても

数時間から数日で元に戻るという事例を多く見てきました。

カラダが歪むというのは

・ココロの不安定感
・思考と行動のバランス
・カラダに対する認識
・イメージと現実の不一致
・環境に対する認識

このようなことがはたらいて

積もり積もってカラダの歪みという現象を引き起こしているということがわかりました。

簡単な言い方をすれば

その人が持つエネルギーが高まらない考え方や自己認識

つまり

自分を歪めて見ていることが

カラダの歪みにつながります。

多くの症状で原因が確定しないのは

積もり積もって起こる
あたりまえの習慣だからです。

環境と暮らし

私たちが認識している自分は僕も含め

ほとんど歪んだ認識をしています。

社会や時代はいつも変化していて

常に自分と合うかどうかは別です。

その変わりゆく環境と暮らしのスピードは年々増しています。

私たちのカラダはその変化になかなかついていくことができません。

この環境や暮らしに適応するために日夜行動し、思考し、ストレスの影響を乗り越えることで成長します。

人は人の役に立つことで喜びを感じ、人に必要とされることで存在価値を見いだし

またさらにその喜びを感じたいと努力します。

故に脳内のホルモン分泌が非常に大事で、脳の神経細胞が活性化することは人を元氣にさせるのです。

人の成長には

・環境(挑戦したり、努力したり、学習できる環境)
・人(愛情と信頼、良きライバル、師)
・食事(必要な栄養、噛むこと、消化すること、マナーや作法)
・運動(呼吸、循環、神経伝達、新陳代謝)
・睡眠

これらが不可欠です。

なのでまず調子が悪いと感じたら

この中の食事、運動、睡眠

これを見直すことが大事と言えます。

カラダの問題は

食事と運動と睡眠

ここにほとんどの原因が集約できます。

病院や整体

カラダの不調を治そうと病院や整体に足を運びます。

病院や整体は

病気を治したり、カラダを痛みを和らげたりする場所という認識がありますが

本当は

症状を抑えたり、取り除く処置をしたり
病原菌やウィルスに対処したり
生命に関わる問題に処置をしたりするのが病院です。

カラダの機能を使って、バランスを取ったり
痛みの処置を施したり、治るための体内環境を整えたりするのが整体です。

しかしビジネス化したことで
特に整体屋関係は

痛みが消えた
即効性
カラダのビフォーアフター
こんな病気が治った
スタイルが変わる

こういうインパクトで釣るようになりました。

僕の施術はあまりここにフォーカスしないようにしています。

一番の目的は
その人のエネルギーが高まること

そこを大事にしています。

病院や整体に行くのは

弱った回復力に手助けが必要な時です。

食事、運動、睡眠

これらの改善が難しく、またこれらの知識が乏しい

そんな時は人の手に頼ることで活路を見いだせるようになると思います。

環境について

私たちの暮らす環境はかなり自然とは懸け離れた場所になってしまいました。

都会の街では常に欲望を刺激し、競争と闘争が繰り広げられています。

空気中には様々な物質が見えるものも見えないものも漂い

カラダにも日々、小さな影響を与え続けています。

こういうものに過敏に反応することは避けたいですが

こういうものの存在を無視することも違うような気がします。

なぜなら

放射線も電磁波も、私たちからも出ているから。

まったく必要のないものではなく、必要なものもあるからです。

ホルミシス効果などは放射線を治療に使ったものですし、

保温性の高いインナーなどはカラダを温める一方で、電気の増幅をすることが考えられます。

そうするとカラダに良い、悪い

そういう判断では何も買えなくなってしまいます。

そうではなく

使用環境や使用目的、使用頻度

そういうものや効果とリスクそして対策

そいういうことを理解して販売してもらえたら一番いいのですが、現状はそうはいきません。

当然、経済が優先ですから、「売る」ことが正義なので。

だからこそ
僕のような人の健康や幸せに関わる人間は、関心をもって商品の価値を理解し、自分の施術に責任を持って、大切な人を護れる存在でありたいと思います。

健康やしあわせに一番大事なこと

でも、健康やしあわせにおいて一番大事なのは

すべていいご縁としてつなげていくこと

病気も痛みも
辛い経験も

ちゃんと必要なご縁になっている。

今がもし
痛くて、辛くて、苦しいのなら

それはきっとそっちの道ではないし

その方法ではないかもしれない。

一度、その思考から離れてみて

自分が最高にいい状態を意識してほしい。

もし、どうしてもそうなれないのであれば

また

食事や運動、睡眠を大事にしてほしい。

心地よい食事
気持ち良い運動
快適な睡眠

それができるということは

健康であるということだから。

© 2017 Shouichi Maruyama . All Rights Reserved.