club marusan

"自分になおる"ためにできること。

カラダやココロを扱う仕事を豊かにしたいな

img_8069

こんにちは

まるさんです。

起業ママさんやサロンオーナーさんのお手伝いをしながら思うことがあります。

僕はコンサルタントとして関わるのはちょっと違うなぁ〜って違和感があってね。

どんな立ち位置でいると一番力を発揮できるかなぁ?って考えていたんですよね?

でも、どれもしっくりこなくて

それで

やっぱりというか、それしかないなってとこ

療術家として関わるのが一番だって思いました。

結局ね

サロン経営や治療院経営をやってみて

自分の感覚としては

経営とかビジネスって感覚でやったことは一度もないわけです。

うまくいったことも

うまくいかなかったことも

何から考えたか?っていうとね

それは施術の考え方や施術をするにあたっての意識の向け方

そういうところを整えていったら

今があった

そんな感じなんです。

でも、まあ最近はひとりでやることに限界を感じるので
ちゃんとスタッフ教育しながら進まないと!

そう思って教育にも力を入れ始めました。

そもそも僕は中堅どころの接骨院グループで役員をしていたから、その社員教育の杜撰さに嫌気が差して、自分の会社を持つことになったわけで、その問題を解決しなきゃ死ねないなって思ったわけです。

やり方だけ教えて、たくさん通わせた人が評価されるシステム

これって治療の本質から考えたら、ちょっとおかしい。

せっかくいい技術を身につけても、その使い方もあっていても、評価がおかしいよね?

でも、そうするとお金を稼ぐってことにジレンマが生じてしまう。

たくさんのリピーターさんを抱えている人は、たしかにお金を稼いでる。

来なくてもいい治療を考えたら、お店にお金は入って来ない。

そういう矛盾に陥るわけです。

また、リラクゼーションってなると

これもご褒美としての提案が多くを占めるので、やっぱりお金にはならない。

カラダにご褒美

カラダのメンテナンス

こんな提案じゃときめかないよね…

もうね

癒しの業界、健康業界は飽和状態なんですよね。

道を歩けば、接骨院だマッサージだ整体だって

目につかないことがない

歯医者と美容院くらいたくさんある

で、ある人に聞いたことがあるんです。

「僕らの仕事ってこれから発展しますかね?」

ビジネスの世界で生きている人ね

そうしたら

「体の悩みは無くなることはないから、まるさんの仕事もなくなることはないと思いますよ」

そんな風に話してくれました。

なんだか、すごく

「へ〜〜〜〜」ってなっちゃった。

じゃあさ、僕らみたいな仕事がさ

もっと面白く、もっと人を豊かにするならばどんなことを考えたらいいんだろ?

そう考えるようになったんだよね。

体には可能性がたくさん眠っているから、そういう可能性を提案したり

素敵な場、楽しめる場として提供したり

日常の暮らしの中でためになること、役に立つことを伝えたり

そういう役割になれたらいいなぁって思うんだよね。

治療院やサロンはさ

病院じゃないから

医療でもないし

もっと広い枠で考えていきながら、専門性を高めていくと

きっと価値があると思うんだよね。

最近の僕の夢はね

人のカラダやココロを扱う仕事の人たちが、豊かで満たされたらいいなって思う

そうであった方がいい施術もできるし、相手から奪うこともなくなる

僕たちのような仕事はちょっと力をつけると、大きな影響力にもなる

だから、安心して働けるように

そして、いい影響を与えられるように

サポートしていきたいのです。

売り上げを上げる

リピーターを増やす

物を売る

そういう商売ではなく

お客さまと一緒に進める仕事にしていきたいなぁ

だからコンサルタントとしてではなく

療術家として関わろうと思っているんだよね?

*****************************************
来週の火曜日12/13はベルサール飯田橋駅前で

「笑顔で働きたいママフェスタ」

こちらで

パパの本音トークに登壇します。

3人のパパさんたちとママさんの起業に対して本音トーク

お時間がある方は無料ですのでぜひ、足を運んでくださいね。

© 2017 Shouichi Maruyama . All Rights Reserved.